• 大分市 注文住宅
  • 大分市 工務店
  • 大分 パッシブデザイン
建築中現場はこちら

実は一番大切なのは、
いずれ隠れてしまう壁の中です。
木楽舎は建築中の現場もご案内しています。

木楽舎Youtubeチャンネルはこちら

木楽舎のコンセプト

衣類に着心地があるように、住まいにも居心地があります。

四季を通じた居心地のよさを、長年にわたってどう実現していくのか。

これが木楽舎のテーマです。

 

設備に頼らない、建物の在り方そのものが

「心地よさ」を与えてくれるにはどうしたらいいのか。

 

こんな事を日々、模索しながら住まいづくりを始める皆さんの気持ちに

寄り添っていける存在でありたいと思います。

 

株式会社木楽舎あんどう住宅設計室

代表 安東 俊輔

ちょっとだけ、郊外。

私たちの取り組み

  • 新しいけど、懐かしい住まい
  • 住まいづくりは親友づくり
  • きっちり丁寧に

木楽舎の住まいづくり

めざすは究極のパッシブデザイン

 

「passive:受身的な」

住まいづくりに関するパッシブとは、「自然の力をありのまま、かつ最大限に利用して住宅の快適性を高める」ことを言います。

当たり前のように聞こえるかもしれません。しかし、テクノロジーが発達した今日、夏は高性能エアコンが、

冬は1部屋に1台以上ある暖房器具が常に稼働し、その効果を高めるために高気密・高断熱がうたわれ、

密閉した缶詰のような部屋が連なっている、そんな家が大多数を占めています。

 

人間の手で作り出した心地よさは、どうしてもその場しのぎになってしまいます。

長い暮らしの中で、様々なものが変化していくからです。

 

一方、私たちの周りにあふれている自然の力を味方につける工夫を重ねれば、

それはいつまでも続く心地よさを与えてくれます。

その工夫は無数にあり、一朝一夕で網羅できるものではありません。

だからこそ、パッシブな住まいづくりを本気で語り合えるパートナーを見つけましょう。

 

ためらう必要はありません。

 

自分が自然とともに心地よく暮らすにはどうすればいいのか、

それを一緒に考えていくことこそ、パッシブデザインなのですから。

暮らしのスタイルで選ぶ

唯一無二でお洒落、でもどこか懐かしく
永く飽きのこない「木楽の家」
暮らしの変化に合わせて柔軟に間取りを変更できる
コンパクトな木の家「びおハウス」
あなたはどちらを選びますか?

もっと見る

木楽舎のコンテンツをご紹介いたします

  1. 01
    パッシブデザインについて
  2. 02
    住まいづくりの流れ
  3. 03
    モデルハウスの紹介
  4. 04
    会社案内
  5. 05
    はじめての住まいる塾
  6. 06
    失敗しない住まいづくり メールセミナー

大分にちょうどいい木の家。

郊外型モデルハウス「由布の家」

大分県由布市挾間の静かな住宅街にこっそりと佇んでいます。
街なかの暮らしもいいけれど、自然をいつも感じながら
のんびり暮らす。そんな気持ちにさせてくれる木の家です。

もっと見る