コンテンツ

高性能の家は住みにくい

新築後に後悔する項目

古い家でも、比較的新しい家でも、後悔を感じる項目の1位が「収納・間取り」、2位が「暑さや寒さ・風通し・暗さ・ 結露」となっています。(しかも3位以下を大きく引き離して・・・)
「今どきの家は高気密・高断熱だから、冬暖かく夏涼しい!」という広告をよく目にしますが、これほど多くの人々が 不満を感じているのはなぜなのでしょう?

なぜか増え続けるヒートショックの恐怖

高気密・高断熱によって、冬に温かい家が増えてきているはずです。しかし、急激な温度差によるヒートショックの被害は年々増え続けています。
(右の統計は浴槽での溺死者数です。このすべてをヒートショックのせいにするのは無理がありますが、やはり深い関連はありそうです。)